誰もが使用して良いという物ではありません

食事による影響が低減されていることも特徴の一つです。
シアリス注意事項ですが、食事による影響が低減されてはいますが、効果はやはり弱くなってしまいますので、気になる方は食前に服用してください。
効果の持続時間は非常に長いのですがやや即効性に欠ける薬ですので、前もって服用しておくことが必要です。
主な副作用として、頭痛、紅潮、ほてり、消化不良などが上げられています。
使用は1日1錠、24時間以上の感覚を空けて服用してください。
硝酸剤、及び一酸化窒素供与剤を服用されている方、心血管系障害を有するなど性行為に不適当であると考えられる方、不安定狭心症または性行為中に狭心症を発現したことのある方、コントロールできない不整脈、低血圧、コントロールできない高血圧の方、心筋梗塞の既往歴が最近3ヶ月以内にあった方、脳梗塞や脳出血の既往歴が最近6ヶ月以内にあった方、重度の肝障害がある方、網膜色素変性症と診断された方はシアリスの服用はできません。
ED治療薬には様々な種類があり、効果が発揮されるまでの時間や、効果の持続時間などで目的に合わせて使い分けることができるようになっています。
効果の出方も個人によって大きく変わってきていますので、自分にあった薬剤を見つけることも大切です。