使用方法で効果も変わる

ほとんどの薬は、水で飲むように指示されていますが、これにも理由があります。
水で飲むことで成分が溶けやすく正常に効くように出来ているのです。
水なしで飲み込んだり、水以外の物と飲めば好ましくない結果となることも多いのです。
特にカプセルなどを飲むときに、十分な量の水と一緒に飲み込まなければ、喉に貼り付くなどして大事に至ることがあります。
薬以外でも例えば海外のサプリメントの錠剤などは、小指ほどの大きさのこともあります。
こうしたものを上手く飲み込めなければ窒息死する危険もあるのです。
薬と一緒に飲む液体で注意すべきものの例としては、コーヒーやコーラなどカフェインを含む物やグレープルルーツジュースやオレンジジュース、アルコールなどがあります。
鎮静薬をコーヒーなどで飲んでしまうと、カフェインの覚醒作用が邪魔して効果が低減してしまいます。
痛風の薬をカフェイン入りの飲料で飲むと、頭痛などの症状が現れることがあります。
グレープフルーツやオレンジジュースなどは一見すると害がないように思えますが、それらに含まれる成分が薬を効かせすぎたり効きにくくしてしまったりすることがあります。
アルコールを飲むと肝臓で処理されますが、薬も肝臓で処理されるため、薬をお酒類で飲むと、血液中に処理しきれない薬の成分が大量に残り効果が現れすぎて危険なことになる場合があります。
医薬品は必ず指定されたように保存保管をし、消費期限を守って定められたように服用することが大切なのです。